被害ゼロという不可能な目標を掲げるのではなく、できる限り被害を少なくする「減災」、また短期間での復旧・復興を目指す「縮災」の概念を、編集紙面と変わらないクオリティで紹介し、“備え”を訴求しました。

CLIENT
積水化学工業株式会社
2018年3月10日
STAFF
戸塚光彦
取材・記事執筆
繁田統央
写真
今野仁
紙面デザイン
飯島寛子
校閲
中村哲也
監修

CONTACTお問い合わせ

YOMIURI BRAND STUDIOへの仕事のご依頼、お問い合わせ、ご質問はこちら